大井町ハピネスのオムライス、カレースパゲッティ

大井町はまあざっかけない店が多いのだが、そのほとんどは概ね昭和初~中期から続く老舗で、いまみたいにやれホスピタリティがどうのとかそういうのと無関係の時代から続いているやり方なわけで、それはそれで納得したうえで利用しなければならない。まあ、利用云々とかいうのもアレですけど。

ハピネスは建物はすこし新し目の喫茶店という風情だけど、出てくるものは本当にざっかけない。

カレースパゲッティ。どーん。

熱々の鉄板に熱々のカレーがたっぷり乗ってくるから、まあとにかく熱い。

カレールーはじんわり辛い程度なので辛いものが好きな人には物足りないかもしれない。スパゲッティは太めのもっちりした噛み心地。

オムライスもまあまあの量だが、こちらは女性でも大丈夫というレベル。それでもお皿いっぱいに広がった卵は3個分(たぶん)。そしてきれいな食べ口でなくて申し訳ないが、

中身はデミグラスソースとケチャップで和え炒められたライスで、これが絶品。ケチャップライスというほどケチャップが強くはなく、どちらかというとデミソのほうが勝っている。