絶望。

ときとして人は絶望する。

2016年最大の絶望は、もうどうしてもどうしても食べたい欲求が強くなり、他になんの用事もないのに新宿へ寄って、冷たい雨が降ってる中、人混みをかきわけかきわけたどり着いた伊勢丹裏で、IVOホームズパスタ新宿店さんが改装工事中で閉店中だったときですよ。わかりますかあなた!(机ドーン)

 

あれから2ヶ月。

人は悲しみだけで生きているのです。絶望はまた新たなる活力になるのです。何言ってんのかわかりませんけど。

 

というわけで、「絶望」です。

 

あれ?横にパンがついてない・・・盛りが減った?・・・味が少し違う・・・

いや気のせいでしょ?うーん(パンがついてないのはきのせいではない)

 

たちぐい蕎麦2016まとめ

2月14日 いろり庵きらく

豚肉と豆腐の甘辛く煮たヤツが乗ってた。

わはは、バレンタインデーにたちぐい蕎麦食ってるヤツw

 

4月3日 名代富士そば大井町駅前店

紅生姜天きつねそば

えび天丼もりそばセット

 

4月17日 中延 大和屋

生姜天そば

かき揚げ天そば

中延の有名店。麺は好みとはちがうが、出汁はほんとうにうまい。

 

5月8日 しぶそば大井町

かき揚げ天そばにちくわ天のせ

もりそば

しぶそばはぱりっと歯ごたえのいい麺が好き。出汁がちょっとパンチがない。

揚げ物はサクッといい出来なのと油が切れてない感じの時との差が激しいのが難点。

 

5月29日 しぶそば大井町

特もりそばにかき揚げとちくわ天

 

8月20日 箱根そば四谷店

ミニカツ丼冷かけそばセット

移動の途中ではいったかけこみだったけど、なかなかおいしくてびっくりした箱根そば

箱根そばは本来小田急系駅そばだけど、この四谷店など都内の小田急駅そばじゃない系統はフランチャイズのもよう。

 

9月4日 箱根そば田町店

エビかき揚げ丼と冷かけそばセット

他も同じくらいおいしいのかと思っていってみた田町店はちょっと元気のない店で、盛り方もあんまり上手じゃない感じでした。

 

11月11日 ゆで太郎大井町

カツ丼セット

写真をみて改めて思ったけど、ゆで太郎はセットの蕎麦でもワカメが結構入ってるんだなぁ。ゆで太郎は自家製麺がおいしい。よく使いたい日曜はこの大井町店が休業日なのが残念。

 

11月20日 かのや新橋駅構内店

唐揚げ丼セット

マジおいしくてびっくりした系。あんな回転率でやってて、どうしてこんなに??と思うくらい。写真もぶれるくらいおいしい。

 

12月17日 吉利庵品川店

三種盛り

品川駅構内、エキュート品川の一店舗。なかなかおいしいが、何しろ巨大ターミナル駅なので大きいスーツケースを転がしてる客が多くて、狭い店内でぶつかり合ってるのが難点。

 

たぶんあと数点は食べてる気がするけど、写真がなかったので慌てて食ったのかな。

あとどうしても書きたくないレベルのところもあったかもしれないw

2017年はどうなることやらー

 

六厘舎

ちょっと前に実は東京駅一番街の六厘舎で食べたことがあって、そのときは「これが巷間に噂される六厘舎なのか?」と素朴に思い、なんというかぼんやりして旨味に欠けたスープでしょっぱいだけのタレを溶いたようなつけ汁に、ゴムがふやけたみたいな麺をつけさせられたもんじゃないかと内心本当にがっかりしていたわけです。

本店の六厘舎ってはやく入れて1時間、普通に2時間3時間待つといわれていたアレはこういうもんなのかと。

 

そんなことをぼんやり思い返していたら、そういえば本店って大崎だったっけ。けっこう近場だわ、と思いたち、ちょっと再戦申し込んでみるかーと重い腰をあげたのがクリスマス・イヴ。

 

あ、なにこれうまい。

 

といったとかいわないとか。つけ汁の旨みは最高だし、濃厚さはいうまでもなく、麺を食べきる頃にはつけ汁自体がほとんどなくなるほどの絡み具合。その麺はしっかりとした噛みごたえで麦の味も強く、しっかり締まっていて言うことなし。

雨もやがて雪にかわろうとしている頃でした(勝手な演出、当日は晴天)。

 

そして年の瀬も押し迫った31日大晦日。

なんかつけ麺が食べたいけど、もうどこも開いてないよなーと思いながらちょびっと調べてみると近場で1軒。

それは六厘舎 大崎店・・・。

ハイ!ドン!

(しかもチャーシューつけてます)

年越しそばまで六厘舎と相成りまして候。

 

 

これが「例のブツ」です。よろしくごさしゅうください。

 

味噌一 中目黒店

味噌ラーメンといえば味噌一。そう考えていた時代がおれにもありました。

とくに高円寺に住んでるころは。ラーメンを食べるなら「地雷原」、味噌ラーメンなら「味噌一」です。

 

しかし遠くはなれてみると思うのは、味噌一とキッチンジローは、もっと展開してほしい。ということ。

 

で、がんばって中目黒店まで行ってきました。

味噌一。ノーマル。カンパシステムがあるので、たまごとメンマをつけます。

 

ツレの火吹。大辛ですね。この一段下は「ピリ辛」となります。

 

味はちょっと高円寺店の思い出も込みでいうと、いまひとつではありましたが、太麺もおいしかったし、満足でした。また食べたくなったらいかなくちゃ。

 

本当のところはわかりません

故あってふたたび元住吉へ。

今回はカレーじゃなくてー、などと言っていたはずが結局カレーを食べている。

 

100時間カレーB&Rというお店の、武蔵小杉店。

何店舗も展開しているところですが、こじんまりしてて個人経営店にみえなくもないレベル。

しかし、神田のカレーコンテスト的なもので優勝などと大仰にかかれていて、ちょっとだいじょうぶ?と思ったが、これがなかなかうまい。本格インドカレーではなく、ジャパニーズのカレー。濃いめのカレーは本当に日本人の口にあうようにできている。

こちらはツレのオムカレー。辛みを強いのにしたけど、まあまあだったと。

こんどは近所の店舗にもいってみよう。

 

多賀野

荏原中延駅すぐにある多賀野。

そういえば普通の中華そば食べてないんじゃ?という疑念が湧いたので早速食べに。

f:id:coby_o2:20160923164555j:plain

中華そば特製Aセット

 

ちょっとだけ塩辛く感じたのは僕の体調のせいかな。魚介系の出汁がしっかりきいていて、でも臭みは感じない。

麺は小麦の旨味がみっちりしていて、本当にうまい。

チャーシューは二種、メンマも大量で煮玉子がつくのが特製Aセット。いまは温玉(B)燻玉(C)がないのでAセットしかないけど、Aセット。

 

そして今度またつけ麺を食べに行かないとと思うのみであった。

地獄の担担麺護摩龍

五反田にあるという担々麺の専門店にいってみた。

本当はパクチートッピングが食べたいというツレのリクエスト。

僕は辛いものが苦手なので、あまり辛くない護摩龍というののつけ麺にした。

 

f:id:coby_o2:20160923161442j:plain

護摩龍つけ麺、麺は大盛。

大盛?と思ったけど、まあ結構お腹はいっぱいになった。胡麻がとても濃くておいしいが、後半ちょっと飽きた。ほうれん草もたっぷり入っている。卓には花椒と酢が置いてあったが、もうひとひねりできる調味料があると、後半も楽かもしれない。

 

f:id:coby_o2:20160923161506j:plain

こちらはツレの地獄の担々麺「飢餓」。辛さ10とある。護摩龍の10倍ということだろう。少しスープを飲ませてもらったが、出汁で伸ばしている分胡麻感は減っているが、なかなかの味わい。そして辛い。具がほぼつけ麺と同じだろうと思う。

全体的においしいんだが、トッピングやその他に変化を求めなくちゃいけないのはちょっとつらいかな。そのトッピングも、ツレが望んでいたパクチーは売り切れいていた。開店してわずかな時間で入ったのに売り切れていたところをみると、まったく用意がなかったかあっても1人前程度だったか。それがすこし残念。

でもまあ、またいくかもね。

 

 

 

地獄の担担麺 護摩龍 五反田

食べログ地獄の担担麺 護摩龍 五反田