読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamburg diner maru

大井町の駅からちょっと歩いて行った(言い方は悪いが)裏寂れた商店街の一角に、それはある。

Hamburg dinerという形式はやや不明なれど、ハンバーグがメインのmaruという名前のお店。

開店時間にいくと、わざわざ遠くから来たらしい人たちが喜び勇んで入店するところだった。

こちらも入店すると、アメリカンダイナーな感じのもとのつくりに、やや和風な小物が後付されたような、つまり長いことやってる日本の洋食店の匂い。

メニューにはステーキや揚げ物なども書かれているが、ランチ時ということもあるのだろうが皆ハンバーグを注文している。こちらも当然、ハンバーグを注文する。

やや時間はかかる。厨房でパチパチ音がする。成形もひとつひとつ注文を受けてからやっているようだ。

最初にテーブルにつくのは、「サラダ」とされるトマトのファルシー。某つばめのようではあるが、これはなかなかうまい。続くスープはちょっと薄いがこれもトマト味。

そしてやってきた包み焼きハンバーグ。某つばめのようではある…

じゃん。

そしてご開帳。

じゃん。

デミソがおいしくて、ほんとうにありがとうございます、という感じ。肉はみっちりとしていて、食べごたえがある。デミソを掻き取るようにして食べました。某つばめより何十倍も好みです。

またいきましょうまたいきましょう。

博多一風堂の夏のつけ麺的なやつのアレ

先日夏のつけ麺の細い方を食べに行きましたけど、次は太麺でやるということなので再訪。

 

東京太つけ麺 at 博多一風堂銀座店

 

麺はたしかに太麺だったけど、ちょっとおもしろみにかける麺だったな。

ふといだけで味わいがうすく、歯ごたえも中途半端な感じ。

つけ汁はまあ美味しかったけど、もうちょっと変化つけて冒険してくれてもよかったなと思う。全体がまとまってはいたけど、うーんわざわざ限定でやるほどのものか?と思わざるをえず。

あとね、細麺のときもそうだったんだけど、スープ割りしてくれない(のか表示がないのでわからない)のは残念すぎる。ちゃんとしてほしい。博多ではしないのかもしれないけど、東京ではつけ麺は基本スープ割りするものでしょ、最後。

 

 

箱根そば四谷店

野暮用で四谷にきたけど、この辺は11時半くらいから開店の店が多くて、やれ微妙にこまったぞというときの立ち食い蕎麦。

箱根そばって小田急か何か私鉄系の店じゃなかったっけね?こんな私鉄がなにもないところにもあるんだーと思いながら入った店は本当に狭いというかS字に曲がった変わった作りであった。

蕎麦はなかなか角がたったパリっとしたもので、うまい。だしは効いていて甘みと辛みのバランスがいい。

こんなに美味しいのに店舗少ないんだーとちょっと驚いた次第。

フレッシュネス・バーガーでクラシック

ときおり食べたくなるのがフレッシュネス・バーガー。

五反田まで散歩でぶらつきながら向かい、お昼ごはんに。

 

クラシック・ベーコンエッグバーガー

パティがジューシーで、本当においしいね。これで同じ値段でもう一回り大きかったら言うことないんだけど(笑)。

 

タカマル鮮魚店

いろいろあって新宿で何か美味いものを食べないと死んでしまうんじゃないかという話になって。

 

タカマル鮮魚店。

長らく新宿でうろうろしていた時期もあったけど、知らない店も多いもんですね。

こういうざっかけない店は新宿らしい。

海鮮丼と

ウニイクラ丼。

まあ昼時は回転がはやい客層と、どっかり腰を落ち着けて飲む客とがせめぎあっちゃってますけど。

大井町Happinessで食べること

ミートソース、750円。

これで普通盛り。しかし、注文から出てくるまで30分くらいかかる。

それもまたHapinessの流儀であるので、女将さんに「時間かかりますよ」と言われてもへこたれてはいけないのだ。

博多一風堂 夏のつけ麺的なやつ

博多一風堂が一部店舗で夏のつけ麺的なものを出しているというので。

 

博多細つけ麺 at 博多一風堂銀座店

 

麺は赤丸に使われているのに似ている極細の低加水麺っぽい。これをオリーブオイルを絡めてある。

つけダレには角切りのチャーシュー(やや脂身が多い)とメンマ、タマネギ、青ネギとともに黒オリーブが入っている。

麺は200gで、配膳時に「つけダレの温め直ししますんでいってください」と言われたのだが、麺が冷水できっちり冷やしているので確かにつけダレが冷えてしまうタイミングがやってきた。だがそのタイミングがあと三口程度だったので、なんとなく我慢してそのまま食べきっちゃった。んー、まあいいけど。

まあまあおいしかったけど、麺の増量もなさそうだし、替え玉もなさそうだし、スープ割りもなさそうだし、なさそうポイントが多すぎてちょっと不足感。説明もないし、メニューにもなにも書いてないからたぶんないんだと思う。店員にきこうかとも思ったけど、外国人店員さんは日本語がたどたどしくてどうも面倒くさく感じてしまう。日本人店員さんは忙しそうだし。まあいいけど。

辛味噌にトウガラシ粉がかけられたものが添えられてて、最初こんな辛そうなもの入れたら細麺だしだめになっちゃうんじゃと思ったけど、後半しっかり入れないとおいしくないことに気づいた。なので辛いのが平気な人はしっかり入れて食べたほうがいいです。まあいいけど。

 

8月になると太麺の東京風つけ麺をやるらしいから、まあまた食べに来るとは思うけど・・・。ちょっとこの銀座店は苦手かもしれない。